身近だけど意外と知らない金属材料の奥深さについて解説

身近だけど意外と知らない金属材料の奥深さについて解説

身近なものにも金属材料が使われていることが多い

円盤の金属を加工する

私たちが普段何げなく使っているものの材料の多くを占めるのが、金属材料です。材料の種類には他にも様々なものがありますが、金属は身近な持ち物などに使われていることも多く、実はこんなものも金属でできているのかと初めて知るようなこともあります。金属材料といえば、アクセサリーなどで知られる金や銀をはじめ、銅、鉄、アルミニウムなどがあります。金属は熱を通しやすい性質を持っています。例えば身近な物で言えば、フライパンや包丁、料理でよく使うアルミ箔も金属ですが、キッチンで火を使う際に活躍するアイテムです。
鉄のフライパンなどは強火が基本の中華料理でも使われるほど熱伝導率が良いのが特徴です。家庭料理でも、アルミ箔を使って保温したり、オーブントースターで利用したりと、金属材料は大活躍しています。熱が伝わりやすい性質から、ゴールドやシルバーのアクセサリーを着けていて、ヒーターやストーブの近くで火傷しそうになった経験はありませんか。また、例えばヒーターやストーブ自体も金属材料で覆われていることが多いです。吹き出し口などもかなり熱くなるため、そのような器具にはよく注意書がかかれています。このように身近なもので金属材料でできているものは多いです。熱を通しやすい働きを持つため、家庭で活躍しています。