身近だけど意外と知らない金属材料の奥深さについて解説

身近だけど意外と知らない金属材料の奥深さについて解説

快適で便利な現代文明は金属材料によって成り立っている

金属のパイプ

現代の発展した社会生活を支えているのが金属材料です。
金属材料にあまり親近感を感じないという人も多いと想いますが、我々の生活は金属材料によって成り立っていると言っても過言ではありません。周りを見れば道具も設備も建物もほとんどのものに金属材料が使用されています。もし金属材料がなければあっという間に生活が破綻してしまうのは明白です。
金属材料とひとくちにいってもいろいろな種類があります。元となる金属はもちろん混合して生産される合金や特殊加工されたものまで含めれば金属材料の種類は膨大です。現在使用されているものは全て研究を重ねた上で用途に最適と判断された金属ばかりです。地道な研究によって導き出された最適な金属材料を使用しているからこそ安全で快適な生活が実現しています。
金属材料は種類にもよりますが取り扱いに非常に高度な技術が要求されます。最終加工された製品や資材は簡単に取り扱えますが、そもそもの基礎となる素材の精錬や生成には大規模な設備と高度な技術が要求されます。最も身近な金属材料としてよく見かけるものは鉄ですが、製鉄技術を有している国は世界でも一握りしかありません。金属材料は人類の知識と技術の結晶として発展を支える存在です。

金属材料は種類や性質により国家規格で規定されている

建材や資材、部品などの製造に欠かせないものといえば金属材料が挙げられます。金属材料がなければ工業は成立しません。どんなに優れた技術があっても用途にふさわしい金属材料がなければ製造は不可能です。さらに安全や快適性を求めるとなればふさわしい金属材料選びも必要です。
金属材料にはそれぞれ用途があります。各用途は日本の国家規格によって定められており種類や性質によって分類されています。国家規格を満たしていればそれぞれの用途に問題なく使用可能です。金属材料の性質は安全性や耐久性に直結するため適当な素材選びは絶対に許されません。用途に合わせて国家規格を満たす金属材料を使用することで十分な安全を確保しながら迅速な生産活動が実現します。
金属素材の国家規格は鉄・ステンレス材料と非鉄金属・合金の大きく2つに分けられます。鉄は最も身近な金属素材であり様々な用途に使用されています。加工方法により強度や耐久性が大きく変化するのも鉄の特徴で、小さなネジから巨大建造物を支える鉄骨まで書く用途ごとに細かく基準が定められ分類されています。
鉄以外のすべての金属は非鉄金属としてひとまとめに扱われます。各素材ごとに国家規格が定められていますが鉄素材ほど細かく分類はされておらずほぼ素材ごとの分類となっています。

通販サイトの金属材料を買う人とは?

大手の通販サイトで商品を適当に眺めていると、稀に鉄や銅などの金属を売っているのを見かけることがあります。金属というと工場で何かを作るのに使うもので、なぜ個人で買い物をする通販サイトで売っているのか、疑問に思ったことのある方もいるのではないでしょうか。しかしそう言った金属材料は、道具があれば個人でも意外と簡単に加工ができるので、DIYが好きな方達に需要があります。
オリジナルアクセに拘りがある方が真鍮の板を購入するのは、比較的解りやすい例でしょう。金属材料は一度高温に熱してから水につけるなどで冷却すると、簡単に叩いて曲げたりすることができます。特に真鍮柔らかく、糸鋸で必要な分切り出したり、綺麗な光沢を持っているので、指輪やネックレスのような手作りアクセサリーの材料としては定番です。
また金属加工に使う機械も普通に通販サイトで販売されていたりするので、ちょっとした小物を作ったり、玩具に熱中している大人がカスタマイズパーツを作るなどの目的で購入する方も、意外と少なくありません。しかし実際金属を購入できるお店というのは、探すと見つからないという問題があります。そうした金属材料をDIYに使いたいけど売ってる店が見つからないという人たちが、通販サイトで金属を購入しているのです。